・・・とてもおっさんが書いてるブログのタイトルじゃないなこれはww

福岡県嘉麻市で毎年行われている「トロッコフェスタ in YAMADA」。
2010年から春秋2回開催になったこのイベントに、Twitterのフォロワーさんに無理矢理頼み込んで連れてもらいました。

その後そのまま拉致られ(ぉぃ)、廃道になったトンネルや歴史的建造物を見学し、廃線跡探索までやってきたという、非常に濃い一日でした。
もちろん夕方にはきちんと解放されましたけどねww

そんな一日を振り返りまする。

569287703

th_IMG_1672

今回拉致られた場所集合場所になったのはJR後藤寺線下鴨生駅。
昔はこの駅からトロッコ会場まで線路がつながってたんですけどねえ。

その下鴨生駅から分岐していた国鉄漆生線跡の道路を通って、合流する上山田線の跡を追いつつ会場に到着。

569305544

このトロッコフェスタ、元々は秋の「かかし祭り」に併設して行われていたイヴェントが春の「つつじ祭り」でも行われるようになったもの。
トロッコはその会場のそばを走っていた上山田線の廃線跡を利用して行われています。

始発から2本目に乗って1往復、そのときに撮影した動画をどうぞ。



ちなみに1往復で200円、乗車時に記名が必要です。

569331272

かかし会場に移動、その一室ではプラレールがどちゃり。
(画像は指が写ってたので加工しました)

約2時間の滞在のあと、そのまま連れ去られる英彦山へ向かうことに。



英彦山公園のスロープカー。
これに乗って英彦山神宮奉幣殿へ。

th_IMG_1700

スロープカーは下の幸(ボヌール)駅から中間の花(フルール)駅までは単線、花駅から上の神(ディウ)駅までは複線・・・って、なんでフランス語読みするんですかね?ww
花駅は閉校した英彦山小学校の校舎を利用しています。

複線とは言っても、この日はその途中にある参道駅に停車するほうのみ運行されていました。
参道駅の写真がこれです、もう片方は参道駅のホームがありません。

th_IMG_1703

高いところをゆっくり動いて行くので、眺めは素晴らしいです。

th_IMG_1687

幸駅から約15分で神駅に到着。

th_IMG_1710

th_IMG_1713

終点の神駅から英彦山神宮は歩いてすぐ。


th_IMG_1715

th_IMG_1716

山頂へはさらに階段を上っていくのですがかなり時間がかかるので今回は断念。 

さて次。
フォロワーさんがまた妙なところに連れて来てくれました。

th_IMG_1739

場所は大分県中津市山国町、国道212号奥耶馬トンネルの上のほう。
山道の途中に妙な急坂が。

th_IMG_1735

途中で未舗装の道路になるんですが、さらに上って行くと・・・

th_IMG_1732

・・・な、なんじゃこりゃ?
「車両通行止」って、クルマなんか通れないってww

th_IMG_1729

フォロワーさんの説明によると、明治期に掘られた素掘りのトンネルらしく、今も崩落しつつあるのだとか。
Wikipediaフォロワーさんのブログに詳しい説明があるので、詳しくはそちらをご参照下され。

IMG0613

せっかく大分県に入ったということで日田市の名物、日田焼きそばを堪能。
ごちそうさまでした。
(お店の名前が入ってたので加工しました、念のため)

th_IMG_1762

次に連れてこられたのが・・・また日田市天瀬町の妙な山道の途中にあるトンネル。
「史跡 川原隧道」の標が目印ですが・・・倒木を越えて行くのっ!?

th_IMG_1758

道と言われてみれば道ですが・・・ただよく見ると石畳になっています。

th_IMG_1760

そしてその先に現れたのは・・・

th_IMG_1744

これが「川原隧道」、中を通ってみます。

th_IMG_1748

これは反対側から入って来たほうを撮ったもの。
上部は石に支えられています。

th_IMG_1752

このトンネルと石畳、大分県指定文化財に指定されている他、2010年には土木学会選奨土木遺産に認定されているだとか。
トンネルは1854年、江戸時代の嘉永7年に完成したらしく、150年以上も崩れずに残っていることになります。

th_IMG_1750

もともとここは日田玖珠往還という昔の街道の一部分だとか。
なるほど、先ほどのトンネルの標があった場所で180度振り返るとそれらしき道が続いています。

th_IMG_1764

こちらもフォロワーさんのブログで詳細な説明があるのでそちらをご参照ください。

th_IMG_1765

日田玖珠往環つながりで日田市から玖珠町へ。
玖珠町と言えばJR豊後森駅近くの豊後森機関庫。

th_IMG_1768

th_IMG_1767

th_IMG_1766

相変わらずのこの重厚感。全盛期にはたくさんの車両が出入りしていたんでしょうけどね。

th_IMG_1776

途中耶馬渓ダムでひと休み。

th_IMG_1788

ダム湖は「耶馬渓湖」と呼ばれているそうです。

th_IMG_1790

そして最後は大分交通耶馬渓線の廃線跡を通りつつ帰ってきました。
その途中、線路跡らしいトンネルを発見。

th_IMG_1791

耶馬渓線跡はその大半がサイクリングロードになっているのですが、この付近はサイクリングロードが川そばを走っているので、軌道跡はこちらなのではないかと推測。
一度きちんとトレースしてみないといけませんな。

大分交通耶馬渓線の詳細についてはWikipediaで。

この後解放されてわざわざ自宅まで送ってもらいましたが、それにしても今日は濃い一日でした。
改めてフォロワーさんに感謝。